おすすめアイテム

【バッグ収納】日常使いカバンやアウターはどこに置く?ニトリのポールハンガー収納

この記事を書いた人

さかた ちあき(快適暮らし舎代表)
片付けのきっかけ作りをお手伝いし片付く仕組みをご提案する整理収納アドバイザー。

今回の片付けテーマは、「日常使いカバンどこに置く?」です。
帰宅した後のカバンやアウターなどはどこに置いたら便利でしょうか。

日常使いカバンやアウターはどこに置く?

よくクローゼットの中にカバンやアウターの収納スペースはあるかと思いますが、毎日使う日常使いカバンをその都度クローゼットにきちんと収めたりまたそこから出したりというのはちょっと面倒ですよね。

毎日使い出し入れするカバンは、クローゼットとは別の使いやすい場所に定位置があると便利です。

定位置を決めずにリビングの床や椅子の上などにポ~ンとつい置きっぱなし(”つい置き”)してしまう場合、その場所を掃除したり椅子に座りたいといった時に、またそれをどかす手間がかかります。

また、たとえば私が”つい置き”をすると、夫や子どももつられて置くようになります。
家族の一人が”つい置き”を許してしまうと、みんなが同じことをすることになって、「片付かない」ということにつながっていくんですね。

なので、ぜひ使いやすい場所に定位置を作ることを考えていきましょう

おすすめニトリのポールハンガー

すでに扉の中や棚に置き場所(定位置)がある場合はもちろんそれで問題ないのですが、そういった場所がない場合や新たに作りたい時に、おすすめの収納用品としてわが家ではポールハンガーを使っています

私の日常使いカバンやアウターを掛けるために設置しているのは、ニトリで購入したポールハンガーです。

つっぱり式なので工具不要。突っ張り棒でつっぱって設置することができ、フックが6個付いる使いやすい用品です

どこにでも設置できるので、私はカバンなどをつい置きっぱなしにしてしまいがちなリビングとキッチンの中間の位置に設置していて、帰ってきたらすぐにカバンをそのポールハンガーに掛けるようにしています。

集金が来てカバンからお財布を出したりとか買い物のレシートをチェックしたりとか、意外とカバンから物を出し入れすることが多いのです。

なので、よく居る場所に、置き場所(定位置)というのはあったほうがやはり便利です。
置きっぱなしにしてしまうその場所に収納するように、ぜひ考えていきましょう。

ポールハンガーの良い所は、スリムで場所を取らないので扉の中にも設置が可能だという所です。クローゼットの中、納戸の中などでも突っ張ることができますので、どんな場所でも設置が可能というところが便利なところかなと思います。

私が今使っているものはニトリさんでお値段もお手頃ですし、1つのフックの耐荷重が3㎏なので、フックが6個で全体でも18 kg のものを掛けることができるということになりますね。
カバンとアウターを両方引っ掛けておくための収納用品として使えるかと思います。

取り付けも、前述したように、工具不要で突っ張るだけ。すごく簡単なので、私一人でもすぐに設置できました。

日常使いカバンの定位置を作ろう

こういった便利な用品もありますので、つい置きっぱなしにしてしまうその場所に、棚を置いてもいいですし今日ご紹介したようなポールハンガーなどを利用してもいいですね。
ぜひ日常使いカバンの定位置を作ることを考えてみてください。

片付けの教科書オリジナルテキストプレゼント

「シンプル生活始めよう!暮らしが変わる、片付く仕組み作り3ステップ【簡単ワーク付き】」のテキストを公式LINEにご登録いただいた全員にプレゼント中です

また、公式LINEではブログ記事や限定動画などお役立ち情報も配信しています!

片付かない毎日にうんざり!すっきり快適な暮らしを目指したいあなたへ

シンプル生活始めよう!暮らしが変わる、片付く仕組み作りの3ステップ【簡単ワーク付き】PDFテキストを全員に無料プレゼント
こちらの記事もおすすめ