おすすめアイテム

【IKEAのおすすめ収納ケース】SKUBB(スクッブ)とDRONA(ドローナ)ボックスの使い勝手レビュー

IKEAのおすすめ収納ケース!
SKUBB(スクッブ)シリーズDRONA(ドローナ)ボックスについて、わが家の使用例や使い勝手を紹介します。

IKEA(イケア)のSKUBB(スクッブ)シリーズ

SKUBB(スクッブ)は、クローゼットやベッド周りで寝具や衣類を収めるためによく使われる、IKEAでは定番の人気収納ケースです。

ナイロン製で軽く、折りたたみもできます。
使わない時にコンパクトに折りたためるのは、便利なポイントですね。

形違いのものや、サイズ展開も豊富で、わが家でもすでに2種類のSKUBBケースを押入れの中に取り入れ使用しています。

枕棚にSKUBB(スクッブ)を

1つは、31×34×33㎝のボックス↓

こちらのケースにはフタはありませんが、押入れの枕棚に並べ、めったに使わない来客用の座布団などを収納しています。

「四角」でジャストサイズのボックスを並べることで、無駄な空間がなくなりスペースを有効活用できますね。

立てても収納できる”大ケース”

そして2つ目は、93×55×19㎝の大サイズのケースです。ジッパーでフタをすることができます↓

こちらにはカーペットや季節外のラグなどを収めて、押入れの下段に収納しています。

このタイプの良いところは、立てて収納することもできるところなんです!

ケースはナイロン製でとっても軽いというのに、カーペットやじゅうたんのような重たいものを入れていてもしっかり自立します。

クローゼットのすき間やデッドスペースに「立てて収納する」というアイデアもありですね!

今回紹介した他にも、44×55×19㎝の小サイズ、69×55×19㎝の中サイズ、などあります。衣類や布団などを収納するのに、とってもオススメですよ。

DRONA(ドローナ)ボックス

続いてご紹介したいのが、同じくIKEAの「ドローナボックス」。
ベルベットのような手触りの布製ボックスです。

このボックスも、使わない時は、折りたたんでぺったんこにしておくことができます。

IKEAの商品である、KALLAK/カラックスシェルフユニットにピッタリ収まるサイズのボックスとなっているんです。

ですがわが家、このドローナボックスしか購入しておらず、カラックスシェルフユニットは持っていません。

どう使っているかというと、もともと持っていた既存のカラーボックス(ニトリさんで購入したものです)にドローナボックスを入れて使っています・・・。

IKEAの商品をニトリの家具に入れるなんて邪道のような気もしますが、それぞれが単体でも使える便利な用品で愛していますので、どうかお許しくださ~い!笑

既存のカラーボックスに入れてみるとこんな感じです↓

本来は持ち手がある方を正面にして使用するボックスなのでしょうが、カラーボックスの横幅に合わせるために横向きで使用しています。

上部が少し空くので、出し入れは問題ありません。
ドローナのサイズの方が少し大きいのですが、カラーが白で統一されているのでスッキリ片付いて見えますね。

大容量で、子どもの玩具や学用品がすっぽり収まっています。

ちなみにカラー展開は白だけでなく、ブラック、ダークグレー、レッド、それから可愛いイラスト柄のものもありましたよ。

通販でも手に入る

それぞれ値段もお手頃で、SKUBB(スクッブ)は大サイズで1499円、
ドローナボックスは1個499円になります。

広島は近くにIKEAの店舗がないのですが、福岡の実家に帰省した際に立ち寄ったり、
今はネット通販で気軽にお買い物できるのでいつでも買い足し可能です!

これらの収納ケースは複数個並べて使うときに特に便利なものなので、「揃えやすい」というのも使い勝手良いポイントの一つになってくるかと思います。

たくさん入って使い回しがきく、揃えやすい収納ケースをお探しでしたら、ぜひ参考されてみてくださいね。

ABOUT ME
さかたちあき
さかたちあき
片付けのきっかけ作りをお手伝いし、片付く仕組みをご提案する整理収納アドバイザー。 家を整えることが生活をしていくうえで心身共に快適に暮らせることを発信しながら、片付けのサポートサービスなどを行っています。 詳しいプロフィールはこちら
快適な暮らしをつくる片付けメールレッスン

片付けのコツや快適な暮らしづくりのヒントをお届けする無料メールレッスン。

シンプルに暮らすための片付け術や整理収納ノウハウ、お得な情報も配信中!

片付かない毎日にうんざり!すっきり快適な暮らしを目指したいあなたへ

シンプル生活始めよう!暮らしが変わる、片付く仕組み作りの3ステップ
【簡単ワーク付き】PDFテキストを今なら無料プレゼント中です!
合わせて読みたい記事