広島,廿日市,片付け,整理収納アドバイザー,さかたちあき,快適暮らし舎,のWebサイト

menu

広島 片付け 整理収納アドバイザーさかたちあき 「快適暮らし舎」

倉庫の片付け収納方法は「コの字収納」と「余白」が大事です!

整理収納アドバイザーさかたちあきです。

倉庫や納戸に物をつめこんで、片付かないと困っていませんか?

ものを詰め込みすぎると、のちのち出し入れに大変な労力を使うことになってしまいます。

倉庫の片付け収納には、必ず「コの字収納」と「余白」を取り入れて下さい。

これで倉庫内がすっきり片付きますよ!

「コの字収納?」「余白って?」という方のために、詳しく解説しますので、ぜひ最後まで読み進めてみてくださいね。

倉庫の片付け収納方法は「コの字収納」と「余白」が大事です!

倉庫の収納といえば、

ある廃品回収日に(台車が使いたい!)と思い、わが家にはなかったので、実家に帰省した時に「使っていない台車を譲ってほしい」と母にお願いしたのです。

母が「倉庫にあるからちょっと待ってね!」と言ってから始めたことは、倉庫の中のものを一旦全てひっぱり出す作業でした・・・

台車を当分使っていなかったので、倉庫の一番奥に眠ってしまっていたのですね。

台車1台を取り出すために、相当量の荷物を動かし、またそれを元に戻す作業、これにものすごく時間がかかってしまいました。

もう、ホームセンターに走って買いに出かけた方がラクだったんじゃないかと、声をかけたことを後悔したほどです。

倉庫に足の踏み場もないほどものを詰め込んではいけません!

実家の倉庫には、足を踏み入れるスペースも、もちろん余白もなかったということですね。

倉庫の収納には、あらかじめ「コの字収納」と「余白」を取り入れておくことが大事なのです。

広告

「コの字収納」について

倉庫のような場所は、「コの字収納」を心がけましょう。

人が出入り出来て、全ての物の出し入れがスムーズに行える形です。

お客様宅の倉庫の片付けの実例で見ると、わかりやすいかもしれません。

左が詰め込んでしまって奥の物が取り出せない状態、右が「コの字収納」に整えた状態です。

N様宅

K様宅

このような状態であれば、台車1台を取り出すくらい、とってもスムーズなはずです!

収納の「余白」について

ちなみにわが家には倉庫がないので、日頃は収集日まで階段下収納スペースで保管している廃品たちは、そこプラス数か月分押し入れの「余白スペース」に入れていました。

一時的な荷物を収めておきたい時など、収納に「余白」のスペースがあればとても便利です。

広告

まとめ

倉庫に物を収めるなら、「コの字収納」と「余白」を取り入れること、

気を付けてみてください。

今度ゆっくり帰省したときは、実家の倉庫も片付けたいと思います!

 

メールレター読者(無料)にご登録いただくと、特別なお知らせや
限定コンテンツもお届けします。

今だけ!ご登録2大特典小冊子
▶すっきり暮らすための「片付く仕組み」3ステップ講座
▶子どももできる!親子で取り組む片付けのコツ

※メールレターは無料です。
ご登録時に自動返信メールが届かない場合は、
受信設定をお確かめいただくようお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

代表プロフィール

整理収納アドバイザーさかたちあき

片付けられなかった自身の経験から一念発起し、整理収納・片付け術を学び始めました。

2016年整理収納アドバイザー1級資格を取得し、現在は片付けのプロとしてお仕事しています。

元保育士、現役子育て主婦でもある、和やか整理収納アドバイザーが贈る心が和む片付け術で“わが家の快適ライフ”を実現します!

≫プロフィール詳細・活動実績
≫整理収納サービスについて
≫講座/セミナー/イベント情報
≫お問い合わせ

月別

テーマ

さかたちあき公式LINEアカウント

友だち追加