整理収納術

【思い出収納】工作がコンパクトにまとまる作品アルバム作り

整理収納アドバイザーさかたちあきです。

新学期が始まって少し経ちますが、この連休中に子どもが2学期に持ち帰ったプリント類や工作などの作品を整理しました。

子どもの工作は、保育園の頃から作品アルバムを作り続けています。

作品アルバムづくり

作品アルバムといっても手の込んだものではなく、簡単にスクラップして、大判A3サイズの賞状用ファイルに挟んで残したものです。

一冊の本にして収納しておくとコンパクトに収まりますので、これをずっと続けています。

ナカバヤシ 賞状ファイル A3判 10ポケット 20枚収納 ブルー SD-SH-A3-B

小学生になってきたら、自分が作る工作を自分で貼ったりも、し始めました。

木工とか紙粘土とかの作品はさすがに難しいですが、紙でできた工作は全て、立体物であってもハサミを入れたり折りたたんだりして、現物のままスクラップしています。

その方が、写真を撮って残すよりも、手軽で簡単なのです。

裏面が白い絵画などはそのまま差し込めばいいと思いますし、裏表に絵があってどちらも残したい場合も、クリアファイルなのでそのまま差し込めば両面見れるようになります。

思い出のパンフレットやチケットなどもついでに挟んでいます。

子供の作品などもどんどん増えていくものですので、こうやってコンパクトに収納できる方法を考えていくことがおすすめです。

余裕があるときは見出しをつけたり可愛い装飾をすることで、思い出のアルバムとなり、子どもも昔の作品アルバムを喜んで開いていますよ。

整理の頻度について

整理の頻度ですが、私は「1学期が終わる毎に」と決めています。

プリント類の整理や写真・データの整理にせよ、自分なりのペースを決めて定期的に行うようにルーティン化しておくと楽になります。

例えば毎月末や月初めの1か月に一回、半年に一回、1年に一回など、撮影の頻度やライフスタイルに合わせて取り組む日を決めていけば良いと思います。

ちなみに私は最近、(子どもの)プリント類や作品の整理は一学期が終わる毎、写真の整理は年賀状を作る時期に1年に1回まとめて行っています。

何かとあわただしい毎日ですが、書類や作品をためすぎないよう、すき間時間で少しずつ整理していければいいですね!

ナカバヤシ 賞状ファイル A3判 10ポケット 20枚収納 ブルー SD-SH-A3-B

メールマガジンについて

メールマガジンは片付けのコツや快適な暮らしづくりのヒントを、週3ペースでお届けしている無料コンテンツです。

今だけ!ご登録2大特典小冊子
■すっきり暮らすための「片付く仕組み」3ステップ講座
■子どももできる!親子で取り組む片付けのコツ

※メールマガジンは無料です。是非お気軽にご登録ください。
ご登録は下記フォームよりお願いします。

さかたちあきの快適な暮らしをつくる片付けメールマガジン





【ご注意事項】ご登録アドレスによっては一部配信メールが届かないケースがあります。メールはinfo@seirishuno-sakata.comよりお届けいたします。
ご登録後すぐの自動返信メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをお確かめいただくか、info@seirisyuno-sakata.comを受信できるよう受信許可設定していただけますと幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です