整理収納術

【物を減らすだけでは片付きません】断捨離の次のステップは?

整理収納アドバイザーさかたちあきです。

前記事で、物を減らすコツについてご紹介しました。

捨てられない人が「物」を減らすコツ「物を減らす」ということは、片付けのファーストステップなのですが、 (物が多い)(捨てられない)という段階で足踏みしてしまっている方も、たくさんいらっしゃるということですね。 そこで、「物を減らすコツ」(…「捨てるコツ」と言った方が分かりやすいかもしれませんが)について、り下げて詳しくご紹介します。 捨てられない人もそうでない人も、「物を減らすコツ」を改めて確認することが、ご自身のライフスタイルを見直すきっかけになれば幸いです。...

でも、不要な物を減らしただけでは部屋は片づきません。

必要な物だけが残ってすっきりしたら、次のステップに進みましょう!

【物を減らすだけでは片付きません】断捨離の次のステップは?

「減らす」の次のステップは、「分ける」です。

持ちものをいろいろな切り口でグループ分けしてまとめていくことで、収納がしやすくなります。

グループ分けの代表的な方法は、3パターンあります。

ひとつずつ解説していきますね。

1・一緒に使う物でまとめる

一緒に使う物をまとめて取り出せるようにしておくと、片付けやすく散らかりにくくなります。

家族間で、衣類や個人の持ち物を、個人別に分けるということは多くの方がすでにやっておられることでしょう。

生活用品は、同じ用途のものをひとまとめにしてグループを作っておくと便利です。

複数でひとつの役割を果たすものをグループ化して収納することを、「グルーピング」といいます。

たとえば、わが家でのグルーピングの例を一部ご紹介します。

アイロン・あて布・スムーザーをひとまとめにしたアイロンセット。

不祝儀袋・糊・筆ペンなどをひとまとめにしたセット。

ガムテープ・荷造りひもやハサミをひとまとめにしたゴミ出しセット。

花粉アレルギーの息子の薬をひとまとめにした花粉症お薬セットも、グルーピングといえます。

キッチンでは、お菓子作りの時に使う道具をひとまとめにしたお菓子作りセット。

子どもにお弁当を持たせるときに必要なものをひとまとめにしたお弁当セット、

など。

このように必要なものがまとまっていることで、あちらこちらから物を取り出す必要がなくなり、作業も片付けもラクになります。

2・使用頻度で分ける

持ちものの中には、毎日のように頻繁に使うものもあれば、時々使う物、年に1回程度しか使わない物もあるかもしれませんね。

物の使用頻度はさまざまですので、よく使う物のみを一番便利な場所に置くようにすると、

スペースがいっぱいになって片付かないというようなことはなくなります。

たまにしか使わないものは取り出しにくい場所にあってもOKなので、

同じ種類のものであっても、持ち物は使用頻度で分けてしまうことを心がけましょう。

3・使う場所別に分ける

最後に、「使う場所に使う物を置く」ことが収納の基本ルールです。

その物たちを使う場所に、正しく収納してあげることが大切です!

リビングにはリビングで使う物だけを。寝室には寝室で使う物だけを。

というようにそれぞれ配置するようにしていけば、自然と部屋は片づいていきます。

まとめ

各ご家庭の生活用品で、グルーピングできるものはどのような物があるでしょうか?

各部屋では、何をして過ごしていますか?その物は、どの部屋で使いますか?

ぜひ「分ける」テクニックを上手に組み合わせて、グループ分けを工夫していってくださいね。

メールマガジンについて

メールマガジンは片付けのコツや快適な暮らしづくりのヒントを、週3ペースでお届けしている無料コンテンツです。

今だけ!ご登録2大特典小冊子
■すっきり暮らすための「片付く仕組み」3ステップ講座
■子どももできる!親子で取り組む片付けのコツ

※メールマガジンは無料です。是非お気軽にご登録ください。
ご登録は下記フォームよりお願いします。

さかたちあきの快適な暮らしをつくる片付けメールマガジン





【ご注意事項】ご登録アドレスによっては一部配信メールが届かないケースがあります。メールはinfo@seirishuno-sakata.comよりお届けいたします。
ご登録後すぐの自動返信メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをお確かめいただくか、info@seirisyuno-sakata.comを受信できるよう受信許可設定していただけますと幸いです。