整理収納術

倉庫の片付けなら、出し入れしやすい「コの字収納」を取り入れよう!

「快適暮らし舎」主宰、整理収納アドバイザーさかたちあきです。

今回は倉庫の片付け事例をご紹介します。

倉庫は物置ではありますが、むやみに物を詰め込みすぎていませんか?

足の踏み場もないようでは物を取り出すのもひと苦労、結局は使わないものが倉庫の奥に眠ったまま・・・

な~んて残念なことにならないように、出し入れしやすく収納しましょう。

片付け事例と合わせて、収納のコツをご覧ください!

倉庫の片付け事例

整理収納サービスをご依頼くださったU様とN様宅の倉庫の片付けを事例に、物が出し入れしやすい倉庫収納について考えてみましょう。

まずはU様宅の倉庫が片付いていないビフォー状態の様子がこちらです↓

段ボールや衣装ケースが積み上がってしまっています。

このままでは、下にある物を取り出すのは至難の業ですね。

次に、N様宅の倉庫が片付いていないビフォー状態がこちらです↓

同じように段ボールやケースが積み上がっており、またスペース中に広がっているので足の踏み場がありませんね。

この場合も、奥から物を取り出すためには大変な労力が必要です。

倉庫の片付けは、

  • 物を積み上げないこと
  • 人が通るスペースを残しておくこと

に気を付けて進めていきましょう。

物を積み上げないメタルラック

物を積み上げないために、倉庫の壁面にはメタルラックやスチールラックを取り入れます。(備え付けの棚が無い場合)

全ての物が見渡せる状態で配置することでどこに何があるか分かりやすく、

上に積み上がったものを動かすという手間がなくなるだけでも、劇的に物の出し入れがスムーズになります。

出し入れしやすい「コの字収納」

できるだけ倉庫の床面には物を置かないように心がけて、どうしても配置しなければならない場合は、

人が通るスペースを残して「コの字」型に物を並べるように気を付けてください。

U様宅のコの字収納改善例がこちらです↓

真ん中に通路ができました。

N様宅のコの字収納改善例は、こちらになります↓

ラックやケースを上手く使い、コの字収納を取り入れたことで、物が出し入れしやすい倉庫になりましたね!

まとめ

倉庫は不要なモノをとりあえず置いておく場所ではありませんので、ご注意ください。

気が付いたら不要品でいっぱい、足の踏み場もない、ということにならないように

残しておく持ち物は厳選して、倉庫もすっきり片付けていきましょう!