広島,廿日市,片付け,整理収納アドバイザー,さかたちあき,快適暮らし舎,のWebサイト

menu

広島 片付け 整理収納アドバイザーさかたちあき 「快適暮らし舎」

整理収納アドバイザーさかたちあきです。

・片付けやすく、掃除のしやすいリビングにしたい
・新たなものの収納場所を確保したい

そのようなご相談をいただき、新規クライアント様宅を訪問しました。

リビングの片付けやすさは、間取りや家具の配置でも変わってきます。

片付けやすさを実現できれば、おのずと掃除もしやすくなりますので、そのコツをぜひご確認ください。

✅片付けやすさや掃除のしやすさを実現する、室内の動線や家具の配置についてご紹介します。

これまで意識していなかった方は、ぜひ取り入れて、あらたな収納場所を確保していってください!

リビングの片付けやすさは、家具の配置で変わる

リビングやダイニングのように、家族全員がそろう場所は、家族のものが集まりやすいです。

また、たとえばリビングでは食事をしたり家事を行なったり勉強をしたりなど、部屋の用途もひとつだけとは限らないことがよくあります。

1つの部屋でさまざまな生活行為が行われる場所では、どうしても置いておくものの種類や量が多くなってしまいます。

このたびのクライアント様のお宅でも、ご主人の私物や子どもの玩具や衣類など、さまざまなものが混在して棚の上や床上に無造作に置かれてしまい困っておられました。

生活行為が集中する場所でモノの定位置を決めるときには、家族それぞれのモノが混在しないように、家具の配置を工夫してみてください。

専用コーナーをつくる

家族それぞれの生活動線が複雑に混じり合わないように、人や用途別に専用コーナーをつくると良いですよ。

リビングダイニングのようなひと続きの空間であっても、間仕切りや家具の配置を工夫して、「〇〇コーナー」をつくるように意識していきましょう。

部屋の広さが十分ない場合でも、棚ひとつ分を「〇〇コーナー」にしたり、押し入れの中に「〇〇コーナー」をつくったりなど、 各収納場所は機能を分けるようにしましょう。

たとえば、玩具コーナー、お支度コーナー、日用品コーナー、衣類コーナーのように、収納場所にネーミングを付けられるようなイメージです。

機能や用途が異なるものをひとつの場所にあれもこれもと積み上げたりつめこむことはNGなので、それも踏まえて配置は考えてみる必要がありますね。

広告

間取り図を使って分析する

室内の動線に配慮し家具の配置を決めるときは、簡単な間取り図を使うと便利です。

「誰がどこで何をするのか」を間取り図上で考えることで、定位置として最適な場所を見つけることができます。

間取り図を使って最適な収納定位置を見つける方法は、こちらの記事が参考になります↓

ものの住所が決められないときは収納を見直そう

 

 

広告

まとめ

室内で何回も行き来が必要な家具の配置は改善し、ぜひ機能を分け、用途をまとめる収納をめざしてくださいね!

整理収納サービスでは、ご自宅の収納プランもご提案させていただきます。
ご相談は、どうぞお気軽にお声かけください。

≫整理収納サービスのご案内はこちら

 

メールレター読者(無料)にご登録いただくと、特別なお知らせや
限定コンテンツもお届けします。

今だけ!ご登録2大特典小冊子
▶すっきり暮らすための「片付く仕組み」3ステップ講座
▶子どももできる!親子で取り組む片付けのコツ

※メールレターは無料です。
ご登録時に自動返信メールが届かない場合は、
受信設定をお確かめいただくようお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

代表プロフィール

整理収納アドバイザーさかたちあき

片付けられなかった自身の経験から一念発起し、整理収納・片付け術を学び始めました。

2016年整理収納アドバイザー1級資格を取得し、現在は片付けのプロとしてお仕事しています。

元保育士、現役子育て主婦でもある、和やか整理収納アドバイザーが贈る心が和む片付け術で“わが家の快適ライフ”を実現します!

≫プロフィール詳細・活動実績
≫整理収納サービスについて
≫講座/セミナー/イベント情報
≫お問い合わせ

月別

テーマ

さかたちあき公式LINEアカウント

友だち追加