広島,廿日市,片付け,整理収納アドバイザー,さかたちあき,快適暮らし舎,のWebサイト

menu

広島 片付け 整理収納アドバイザーさかたちあき 「快適暮らし舎」

“食卓の上がよく散らかっている“回答率80%以上

整理収納アドバイザーさかたちあきです。

先日、メールマガジンの読者様を対象に、ご自身(ご自宅)の片付け傾向についてのアンケートを実施させてもらいました。

その中で、80%以上の方が「当てはまる」と回答された

食卓の上がよく散らかっている

ことについて、じゃあどうすればいいの?という話をしたいと思います。

さて、そもそも食卓の上がよく散らかっていてはダメなのか?という問題ですが、ダメではないです。

片付けも子育てなんかと同じで、正解があるわけではないですし、食卓の上に物がある方が便利だ!と意図的に物を置かれているケースだって大いにあると思います。

ただ、意図的ではない物がなんとなく雑然とそこにある場合のデメリットをあげてみますね。

広告

食卓の上がよく散らかっているデメリットについて

①テーブルの上に物を置かないことが部屋をすっきり保つ基本的なルールで、テーブルの上に物があるだけで、残念ながら部屋全体が散らかって見えます。

部屋が散らかって見えない方がよいのは、見た目の問題ではなく、気持ちの問題です。

整理が得意な人は、家が散らかることが人の感情にストレスを与え、自分の気持ちにマイナスな働きを生むことを自然に理解されているようです。

②食事や作業をするスペースが狭いほど、行動が制限されてしまい、気が付かないうちに家事の労力と手間も増しています。

もし何かする度に物を移動させたり、狭いスペースに食事を並べているなら、それこそ余計な家事負担が増していることになります。

最初から片付ける物がなければ、初動も早く、スムーズにやりたいことに取り掛かれますよね!

以上のような理由で、私は、「テーブルの上には物を置かない」と決めているんです。

正確には、一時的には散らかっていることもありますが、一日の終わりには全てを元の場所へ戻して、何も置かない状態へリセットしています。

では、ものを置きっぱなしにしなくなるコツをご紹介します。

改善策(ものを置きっぱなしにしなくなるコツ)

1・物が帰る場所をきちんと決める

1が最も重要です。物の住所が定まっていないから片付かない…という点は、キッチンや食卓の上にかぎらず、散らかる最大の原因です。

ものの住所が決められないときは収納を見直そう

2・置きやすい場所はあえてふさぐ

物を無意識に置きっぱなしにしないように、花などを飾ってあえて置けないようにするのもひとつの手です。

植物には癒し効果もあります。

3・テーブルは壁につけない

壁があると落下しないという安心感から、テーブルの上に物がたまりやすくなります。

どうしても置きっぱなしに・・・という場合は、壁から少し離して設置してみるのも効果的です!

広告

まとめ

というように、対処療法的なテクニックもありつつ…笑

テーブルの上を片付けたい!という方は、よかったら参考にしてみてください。

 

メールレター読者(無料)にご登録いただくと、特別なお知らせや
限定コンテンツもお届けします。

今だけ!ご登録2大特典小冊子
▶すっきり暮らすための「片付く仕組み」3ステップ講座
▶子どももできる!親子で取り組む片付けのコツ

※メールレターは無料です。
ご登録時に自動返信メールが届かない場合は、
受信設定をお確かめいただくようお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

代表プロフィール

整理収納アドバイザーさかたちあき

片付けられなかった自身の経験から一念発起し、整理収納・片付け術を学び始めました。

2016年整理収納アドバイザー1級資格を取得し、現在は片付けのプロとしてお仕事しています。

元保育士、現役子育て主婦でもある、和やか整理収納アドバイザーが贈る心が和む片付け術で“わが家の快適ライフ”を実現します!

≫プロフィール詳細・活動実績
≫整理収納サービスについて
≫講座/セミナー/イベント情報
≫お問い合わせ

月別

テーマ

さかたちあき公式LINEアカウント

友だち追加