広島,廿日市,片付け,整理収納アドバイザー,さかたちあき,快適暮らし舎,のWebサイト

menu

広島 片付け 整理収納アドバイザーさかたちあき 「快適暮らし舎」

日頃は捨てたくてもなかなか捨てられないもの

整理収納アドバイザーさかたちあきです。

私はこの春休みに、新年度を迎える前に捨てられる物はなんでも処分しておきたい!という個人的な衝動に駆られております。

探せば使っていない物やもう使わない物、 いわゆる不要品っていくらでも 出てくるものですね・・・

私たちが実際に使っていて 必要としている物って、 「全体の所有物の2割程度」 だと言われるのも、納得です。

なんとなくそのままだった 古いカーペットや、園芸用品、 使わなくなった子どもの 玩具や用品などなど…

自家用車に詰めてゴミ処理施設へ運び込みました。

行ってみてびっくり! 大型ごみを搬入する車の長い列が!!

皆さん、この時期に考えることは同じだったようです。

日頃は捨てたくてもなかなか捨てられないモノを、余裕のある休日を使って、運び込んでいるというわけです。

このブログを読んでくださっているあなたは、良きタイミングで、 自宅の不要品を見直したり、処分したりできていますか?

広告

実は”ゴミ捨て”には体力的・気力面でのハードルがある

日々暮らしていれば、 知らず知らずのうちに、 物は増えていきます。

増えることはあっても、 自分で処分していかない限り、 勝手に減ることはないわけです。

でも実際は、 “ゴミを分別して捨てる”というのは、 思いのほかハードルが高い作業です。

「要る、又は要らない」の判断をしたり、 分別方法を調べたり、収集場所に運んだり… 手間と労力がかかるので、

高齢世帯では、 ゴミの分別が難しくなりゴミ出しが 自力でできなくなった結果、 やむなくゴミ屋敷化してしまうケースも めずらしくありません。

また、働き盛りの単身者でも、 夜勤のお仕事されていて通常ゴミ出しの 時間帯にタイミングが合わない…などの きっかけから、

ゴミを捨てにくくなり、 次第に物が溢れてしまってどうしてよいか わからなくなる…とうケースもあります。

ゴミ捨てには体力的なハードルがあります。

また、体力はあっても気力がなくなる セルフネグレクト(自己放任)の問題も あります。

タイミングを逃さないことが大事

と、 脅かすわけではないのですが、 ぜひ「今だ!」という時に、 タイミングを逃さず行動できるように、 腰を軽くしておいてほしいのです。

そのためには、日頃から、 不要な物は見極めて、そういった物は 良きタイミングですぐ処分できるように 1か所にまとめておくと良いですよ。

・段ボールや書類はヒモで縛っておく
・不燃ゴミは分別して指定ゴミ袋に まとめておく
・譲る衣類はすぐに持ち出せるように 手提げ袋などにまとめておく

など、すぐ手放せるように準備しておくだけでも、次の行動が起こしやすく、 気分もスッキリするものです。

広告

まとめ

まずはできることから!

苦手な片付けをコツコツと継続するコツは、ぜひこちらの記事を参考にしてみてくださいね

苦手な片付けをコツコツと継続するコツ

ぜひ スッキリ生活に向けて取り組んで いきましょうね。

 

 

 

メールレター読者(無料)にご登録いただくと、講座やイベントの特別なお知らせや限定コンテンツなどお届けいたします。

今だけ!ご登録2大特典小冊子
▶すっきり暮らすための「片付く仕組み」3ステップ講座
▶子どももできる!親子で取り組む片付けのコツ

※メールレターは無料です。
ご登録時に自動返信メールが届かない場合は、
受信設定をお確かめいただくようお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

代表プロフィール

月別

テーマ

さかたちあき公式LINEアカウント

友だち追加