片付けのきっかけ作りをお手伝い&キープできる「片付く仕組み作り」のご提案

menu

片付け収納「快適暮らし舎」広島|整理収納アドバイザーさかたちあきHP

片付かない物の住所を決める!【具体例あり】

  1. 片付かない物の住所を決める!

  2. 化粧品ストック・ヘアケア用品

  3. 防虫剤・旅行用ポーチ・ラッピンググッズ

  4. 母子手帳やお薬手帳入れ
  5. まとめ

片付かない物の住所を決める!

片付けのコツや方法を調べると、「物の“定位置=住所“を決めましょう!」という言葉をよく目にすると思います。

私もお伝えしていますし、整理収納の基本なので、どこでも必ず言われます。

物の住所がきちんと定まっていれば、部屋が片付かないということはありません!

これが片付けの基本なのですが、頭ではわかっていてもなかなか実践できないケースが多いようです。

“住所をつくる”って、よく考えてみるとそんなに難しいことではありません。

例えば、玄関の鍵は、玄関に置き場を作られていませんか?

帰宅して鍵を開けたら、玄関に鍵を置いて、また外出する時はそこから鍵を取って出かけますよね?

玄関の鍵置き場が、鍵の「住所」です。

住所があれば、使いたい時にすぐに手にできるし、どこにあるかわからなくなるようなこともありません。

鍵の例であれば、単純で簡単なことのようですが、家の中にある全ての持ち物にこの「住所」をつくる、となると、途端にどうしてよいかわからなくなってしまいますよね。

細々したものが片付かない…どこに住所を作ってよいかわからない、という趣旨のご質問を頂いたので、

その物たちの私の収納例をお伝えしたところ、「具体例を教えて頂いたのでとても分かりやすく参考になりました。」とお返事頂きました^^

細々した片付かない物の住所をどのように考え、作っていくのか、考え方の参考にしてみてくださいね☆

(今回ご相談いただいた置き場に困っていた物は、
・化粧品のストック・ヘアケア用品・未開封の防虫剤・旅行用小物入れポーチ・ラッピンググッズ・母子手帳やお薬手帳入れ、です!)

化粧品のストック・ヘアケア用品

私は洗面室で化粧もヘアセットもするので、

洗面室に置いている整理棚(下着入れとして使っています)の一番上の引き出し一つを、「化粧品のストックやヘアケア用品入れ」にしています。

ヘアアイロンとかもここに入ってます。

使っている化粧品は、ポーチに入れて洗面台の横にぶら下げてます。

ドレッサーをお持ちでしたら、そこに収納していても良いかもしれませんね。

防虫剤・旅行用ポーチ・ラッピンググッズ

防虫剤は、クローゼットの中に、開封してないものも袋のまま置いてます。

旅行用小物入れポーチは、旅行で使うカバンの中に入れています。

ラッピンググッズは、趣味用品置き場にファンシー文具の引き出しを作って、そこにまとめています。

母子手帳やお薬手帳入れ

リビングのチェストの引き出しの1つに、

私専用のカバンの中身入れ→母子手帳や印鑑、お薬手帳、月1で実家の仏壇参りをするので数珠セットなども…入れてます。

まとめ

引き出しがない場合は、カゴやケースでも良いと思いますよ。

小物はどれも、「使う場所に収納場所を作っておく」のが、便利です!

物の住所作りの参考にしてみてくださいね。


週3回発行の無料メールマガジンでは、
私の生活を一変させてくれた片付けの方法、知恵、アイデアなどを惜しみなくお伝えしています。
特別なご案内やお知らせもメルマガから致します。

▼無料メルマガ詳細はこちらから▼

https://seirishuno-sakata.com/mail/


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)