広島,廿日市,片付け,整理収納アドバイザー,さかたちあき,快適暮らし舎,のWebサイト

menu

広島 片付け 整理収納アドバイザーさかたちあき 「快適暮らし舎」

生活動線や家事動線を考える収納の仕方【家事の効率化】

整理収納アドバイザーさかたちあきです。

片付けをするときは、生活動線や家事動線を意識して収納場所を決めましょう。

家具の配置やものを収納するときに、「動線」を意識したことはありますか?

「動線」とは、人が動く道筋のことです。

家の中でも、この動線が長く複雑だったりすると、散らかりやすくなるうえ、家事や片付けがはかどらなくなります。

生活動線や家事動線を考える収納の仕方は、家事の効率化につながります。

これまで意識してこなかった方は、その方法をご紹介しますので、ぜひ読み進めてさっそく取り入れてみてくださいね。

生活動線や家事動線を考える収納の仕方【家事の効率化】

家事動線について

代表的な家事の中で、たとえば洗濯動線について考えてみましょう。
洗濯時において関連する作業は、「洗う」「干す」「たたむ」「しまう」「使う」とたくさんあります。

洗って干して取り込んだ後、たたんだりしまったりする場所があちらこちらに分散していたら・・・

家中を動き回らなくてはならなくなって大変ですよね。

収納場所が分散していると、それだけ動線は長く複雑になります。

毎日のことなので、次第に片付けが面倒になって気が付けばあちらこちらに洗濯モノが山積みに・・・なんてことにもなりかねません。

この場合、できるだけしまう場所を1か所にまとめると、片付けもスムーズにできてラクになります。

わが家では、家族の服の収納場所は1か所に集約しています。

このように「家事動線」を意識してみると、日々の家事労働は驚くほどラクになることもあるんですよ。

広告

生活動線の考え方

生活動線を見直してみるのに良い方法は、上図のような簡単な間取り図を描いて、1日の動きを線でなぞってみることです。

家の中を、必要以上に行ったり来たりしているなと感じたら、モノの置き場や収納場所の見直しを行ってみるとよいかもしれません。

生活動線について

わが家の片付け苦手な夫のために、私が配慮した生活動線の一部をご紹介します。

夜、仕事から帰宅した夫の動線

①「ただいまー」玄関から帰宅

②正面はキッチンなので、そのまま左に進みます。

③左の入り口が洗面室、右はリビング(正面はトイレ)ですが、リビングには入らず左の洗面室へ直行!

④ここで汚れた作業着を洗濯機の上にあるカゴにおとして、となりのカゴに入っている部屋着に着替えます。

➄着替え終わったらリビングへ。

部屋に入ってすぐ横にあるピアノの上に夫専用の小物入れがあります。

ここで、財布やメガネ、タバコなど・・・部屋で散らかしがちなものをお片付け。

ここまでで、部屋着姿で手荷物もなく、散らかしようがない状態で(笑)リビングに帰ってきました。

片付けを強制しているわけでも、無駄な動きもありませんので、お互いストレスなく快適に過ごせる・・・WIN-WINの動線マジックです♪

広告

まとめ

ご自宅でも何か、応用できそうなことはありませんか?

生活は毎日のことなので、生活動線はなるべくまとめて簡略化することで、暮らしはずっとラクに快適になりますよ。

生活動線、意識してなかった!と言う方は、ぜひ見直してみてくださいね。

 

メールレター読者(無料)にご登録いただくと、特別なお知らせや
限定コンテンツもお届けします。

今だけ!ご登録2大特典小冊子
▶すっきり暮らすための「片付く仕組み」3ステップ講座
▶子どももできる!親子で取り組む片付けのコツ

※メールレターは無料です。
ご登録時に自動返信メールが届かない場合は、
受信設定をお確かめいただくようお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

代表プロフィール

整理収納アドバイザーさかたちあき

片付けられなかった自身の経験から一念発起し、整理収納・片付け術を学び始めました。

2016年整理収納アドバイザー1級資格を取得し、現在は片付けのプロとしてお仕事しています。

元保育士、現役子育て主婦でもある、和やか整理収納アドバイザーが贈る心が和む片付け術で“わが家の快適ライフ”を実現します!

≫プロフィール詳細・活動実績
≫整理収納サービスについて
≫講座/セミナー/イベント情報
≫お問い合わせ

月別

テーマ

さかたちあき公式LINEアカウント

友だち追加