広島・廿日市の 片付け/収納/整理収納/整理整頓 サービス さかたちあき

menu

広島 片付け「快適暮らし舎」整理収納アドバイザーさかたちあき

暮らしが驚くほど変わる「動線」マジック!

  1. 動線とは?

  2. 動線が単純になれば暮らしが変わる

  3. 生活動線を意識してみましょう

  4. 動線マジック応用実例

  5. まとめ

動線とは?

家具の配置やモノの収納場所を決める時に、「動線」を意識したことはありますか?

「動線」とは、人が動く道筋のことです。

家の中でも、この動線が長く複雑だったりすると、散らかりやすくなるうえ、家事や片付けがはかどらなくなります。

動線が単純になれば暮らしが変わる

例えば、洗濯動線について考えてみましょう。

洗濯時において関連する作業は、「洗う」「干す」「たたむ」「しまう」「使う」とたくさんあります。

洗って干して取り込んだ後、たたんだりしまったりする場所があちらこちらに分散していたら・・・

家中を動き回らなくてはならなくなって大変ですよね。

収納場所が分散していると、それだけ動線は長く複雑になります。

毎日のことなので、次第に片付けが面倒になって気が付けばあちらこちらに洗濯モノが山積みに・・・な~んてことにもなりかねません。

この場合、できるだけしまう場所を1か所にまとめると、片付けもスムーズにできてラクになります。

このような「生活動線」を意識してみると、暮らしは驚くほど変わっていきます。

生活動線を意識してみましょう

生活動線を見直してみるのに良い方法は、上図のような簡単な間取り図を描いて、1日の動きを線でなぞってみることです。

家の中を、必要以上に行ったり来たりしているなと感じたら、モノの置き場や収納場所の見直しを行ってみるとよいかもしれません。

動線マジック応用実例

わが家の片付け苦手な夫のために、私が配慮した動線マジック?の一部をご紹介します。

【夜、仕事から帰宅した夫の動線】

①「ただいまー」玄関から帰宅

②正面はキッチンなので、そのまま左に進みます。

③左の入り口が洗面室、右はリビング(正面はトイレ)ですが、リビングには入らず左の洗面室へ直行!

④ここで汚れた作業着を洗濯機の上にあるカゴにおとして、となりのカゴに入っている部屋着に着替えます。

➄着替え終わったらリビングへ。

部屋に入ってすぐ横にあるピアノの上に夫専用の小物入れがあります。

ここで、財布やメガネ、タバコなど・・・部屋で散らかしがちなものをお片付け。

ここまでで、部屋着姿で手荷物もなく、散らかしようがない状態で(笑)リビングに帰ってきました。

片付けを強制しているわけでも、無駄な動きもありませんので、お互いストレスなく快適に過ごせる・・・WIN-WINの動線マジックです♪

まとめ

ご自宅でも何か、応用できそうなことはありませんか?

生活は毎日のことなので、生活動線はなるべくまとめて簡略化することで、暮らしはずっとラクに快適になりますよ^^

生活動線、意識してなかった!と言う方は、ぜひ見直してみてくださいね。

【限定動画プレゼント】
3ステップでスッキリ片付く♪プロの手順で驚きの!冷蔵庫収納術

https://seirishuno-sakata.com/shuno-reizouko/

【音声インタビュー】
毎日の食事作りのストレスが減る!キッチン片付けのコツ

https://seirishuno-sakata.com/interview/

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー