片付けのきっかけ作りをお手伝い&キープできる「片付く仕組み作り」のご提案

menu

片付け収納「快適暮らし舎」広島|整理収納アドバイザーさかたちあきHP

  1. キッチンペーパーを活用していますか?

  2. 時短家事の頑張りどころと手抜きどころ

  3. 揚げ物時の活用法

  4. 使い捨ての使用例

  5. まとめ

キッチンペーパーを活用していますか?

洗い物が嫌いな私の時短家事必須アイテムは、「キッチンペーパー」

布巾代わりにしたり、お料理の時にも使うし、
使い捨てのダスターは掃除にも活躍させています。

とにかく便利に使えるので、わが家のキッチンではかかせないアイテムですが・・・
周りに聞いてみたらそれほど使っていないということ。

そこで、私がどのように活用して家事を手抜きしているかご紹介してみますね。

時短家事の頑張りどころと手抜きどころ

手抜き家事といっても、家事にはそれぞれ頑張りどころと、手を抜いてもよしとする所があると思います。

全てを完璧にこなそうとすると疲れてしまいますし、全てに手を抜いてしまうと家の中も乱れてしまいます。
また、そうでなくても忙しい人は時間を上手に使えるようになりたいですよね!

ここには時間をかけてもいいけど、その分ここでは手を抜く!というように、
自分の中で割り切ってルールを決めれるようになると、面倒だと感じる家事も、ずっと時短でラクになりますよ♪

例えば私は料理も苦手なのですが…わが家は食いしん坊なので、やっぱり揚げたてや出来立ての手作りの味が食べたいのです。
ですので、お惣菜やインスタントにはできるだけ頼らず、嫌でも下手でも家族に食べさせるための料理を毎日作ります。

揚げ物が面倒だという話もよく聞きますが、育ち盛りの息子がいるので揚げ物も頻繁に献立に並びます。
苦手なだけに、ここは私の頑張りどころ。笑

でもそのかわり、食後の片付けや洗い物時に今回ご紹介する方法で、私なりに手を抜くのです!

反面、丁寧な暮らしを発信しているあるインフルエンサーの方が著書の中で、
「家では揚げ物はしません。”揚げ物は買って済ませてよし”と決めています」というようなことを書かれていて、
ぬおぉぉ~私にはない斬新な考えだ~と感心したのを覚えています。

その方は揚げ物や油の処理は自宅ではしないけど、その分その他の家事をわが家なんか比にならないほど丁寧にこなされています。

つまり、何かを必ずしなければならないとか、何かができないからダメということは決してなくて、
自分や家族が日々ご機嫌でスムーズな暮らしを送るために、どんな工夫ができるかを考えることが大切なんですね。

長くなりましたが、その工夫のひとつとして、私は
“キッチンペーパーを使い捨てして洗い物を減らす”という方法を採用しています。

揚げ物時の活用法

例えば、揚げ物が面倒だと感じてしまうのは、やっぱりヌルヌル油汚れの洗い物だと思うのです。

なので、わが家は揚げ物時にバッドは使わず毎回、新聞紙とキッチンペーパーで対応して使い捨てしています。

 

新聞紙は1日分の枚数を減らさず、写真のように重ねたまま3つ折りに。
キッチンペーパーは3枚重ねるのが定番になりました。

これで使った後は、小さく畳んでそのままゴミ箱にポイっと捨てるだけでおしまいです!

ちなみに、油も使い捨てしているので、オイルポットも使いません。
この場面で私は、多少のコストよりも手間のカットの方を優先しているんです。

使い捨ての使用例

また、食器布巾の代わりにもキッチンペーパーを使います。
水分をよく吸い取るので、ふき取りもラクです。

食器拭きに使った後は、シンク回りの汚れ拭きにも使って最後にポイっです。

食器拭きや台拭きは、通常は使用後は清潔にしておかないと衛生面が気になりますよね。
洗濯したり、除菌のために煮沸したり・・・は、私にとってはとんでもなく面倒な家事です。

そこで、台拭きにも使い捨てのダスターを使用しています。
フードコートなどでよく目にするアレです。笑

1回使いきりではなく、数日間は使えます。
使い勝手が悪くなったら、掃除用雑巾代わりにおろして、これまたポイッです。

おかげで洗濯や除菌に気を使う必要もなくなりました。

まとめ

このようにキッチンペーパーや使い捨てダスターを活用しているので、
インターネットやホームセンターでまとめ買いしておくことが多いのです。

それだけで、私の暮らしはプチストレスを感じることなく快適に♪

「面倒くさい」を解消する時短家事アイデア、あなたもぜひ考えてみてくださいね


週3回発行の無料メールマガジンでは、
私の生活を一変させてくれた片付けの方法、知恵、アイデアなどを惜しみなくお伝えしています。
特別なご案内やお知らせもメルマガから致します。

▼無料メルマガ詳細はこちらから▼

https://seirishuno-sakata.com/mail/


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)