広島,廿日市,片付け,整理収納アドバイザー,さかたちあき,快適暮らし舎,のWebサイト

menu

広島 片付け 整理収納アドバイザーさかたちあき 「快適暮らし舎」

片付けのやる気がなかなかわいてこない原因と対応策

整理収納アドバイザーさかたちあきです。

片づけないといけないと思っているけど、なかなかやる気がわいてきません。
どうしたらやる気になれるでしょうか?・・・

そのように感じている方へ、私が考える原因と対応策をご提案します。

この記事では、
やる気がおきない時の対応策について、これまでの経験から私なりに考えたことを綴ります。
どうにかしたいと思っているけどやる気になれない方の、一歩を踏み出す気持ちの切りかえにもつながれば嬉しいです。

片付けのやる気がなかなかわいてこない原因と対応策

私が整理収納や片付けの学びにのめり込む以前のことですが、一時期、ひどく落ち込んでしまって何も手につかない時期がありました。
⇒詳しくは、プロフィールストーリーをご覧くださいませ

その時期は片付けもやる気になれず、部屋の中は散らかり放題。

積みあがったものを眺めては片付けなければ・・・と思いはするけど、なかなか動けなかったことを思い出します。

そこから奮起して片付け始めるわけなのですが、そのきっかけとなったことや、やる気の原動力となることについて考えていきます。

多少耳が痛い話もあるかもしれませんが、自戒の意味も込めまして、経験してみてわかったことと動き出すための対応策を書きますね。

私が考える原因と対応策とは

まずはじめに、「今はやる気が出ない」と後回しにしてしまったり「今は〇〇だから」と理由をつけて面倒なことから逃げてしまっているとき、

実は心のどこかで「このままでいいや」と思っている可能性が高いです。

つまり「やる気が出ない」とか「~だからできない」というのは、自分を甘やかすための言いわけだったりもします。

そして、それが許される状況にあるということでもあります。

本当に切羽詰まっていたり許されない状況があれば、やる気があろうがなかろうが人は動くしかないんですよね。

私の場合は同居している家族がいたので。特に幼い子どもには、だらしない環境で育ってほしくない!という思い、

いつまでも母親が「やる気が出ない」なんて言ってられない!という強い気持ちが、子の成長につれ湧いてきたことが動き出すきっかけになりました。

ちょっと荒行ですが、頭で考えず「やらざるを得ない状況に自分を追い込む」というのは、最初はある意味効果的だと思います。

タイマーをセットして強制的に取り組む時間を決めたり、何かを断ってみたり…ダイエットの感覚と似てますかね。

まぁダイエットも強い意志がないと続かないことが多いのですが・・・。

もうひとつの私の例でいうと、片付けの方法を学ぶため通信講座に申込みました。

資格取得もできる講座だったので、受講料は5万円弱と高額。

受講料を無駄にできない!ととにかく熱心に取り組みました。笑

先行投資して自分を追い込んだのも私なりのひとつの方法でしたね。

↓ここで学びました

広告

ただ待っていてもやる気はわいてこない

つまり、ただ待っていてもやる気はわいてこないというわけです。

まずはとやかく言わずに、嫌でもなんでも、思いつくことを行動してみて最初の壁を乗り越えることが必要になってきます。

壁を越えたら、その先に進む道が見えてくるからです。

片付けでいうと、1スペースでもすっきり片付けることができれば、小さな達成感を感じることができます。

その小さな達成感が積み重なっていくことで、ようやくやる気につながっていくイメージです。

やる気は手前に落ちているものでなくて、行動したその先にあるものなんですね。

ただ待っていても、残念ながらやる気は勝手にはわいてきません。

「このままでいいや」と思っている方は、無理して片付ける必要もないですから、そのままでもいいのかもしれません。

でも何とかしたい!と思っている場合は、もう少し読み進めてみてくださいね。

今わたしは「整理収納サービス」というクライアント様宅の片付けサポートサービスを行っていますが、

「何とかしたいけど最初のきっかけが一人ではなかなか作れない」というお宅の片付けのキッカケ作りをお手伝いさせてもらっているんです。

そこで、一緒に片付けを終えたあるクライアント様からいただいたメッセージがこちらです↓

さかたさん、本日はお世話になりました!
(中略)
おかげさまで、スッキリ部屋が片づきました。
ありがとうございます。

ゲッターズ飯田さんの今日の言葉がぴったりな一日でした。

→やる気は待っていてもやって来ない。
行動した先にやる気があるもの。

やる気を待つ人に成功者はいない。

そう、「やる気は待っていてもやってこない」って、実はゲッターズ飯田さんの言葉をクライアント様に教えてもらっていたものでした。笑

でもその通りだなって思いました。

ゲッターズ飯田さんの言葉を言いかえるなら、

やる気は待っていてもやってこない。
行動した先にやる気はあるもの。

「やる気を待つ人に片付いた部屋はない」

といったところでしょうか。

サービスにご依頼くださるクライアント様は、私に依頼することで片付けのきっかけをつくり、やる気を手に入れてらっしゃるんですよね。

楽しく続けるなら、憧れをもつことも大事

ですが、何もお金を使うことがきっかけ作りの全てではありませんので、勘違いしないでください。

自分でコツコツとがんばっていきたい方は、ぜひこちらの記事も参考にしてみてくださいね。
⇒苦手な片付けをコツコツと継続させるコツ

そして、最初は面倒なこともあるかもしれませんが、成果が目に見えだしたら、片付けってすごく楽しいものなんですよ!

より楽しみながら進めていくためには「憧れを持つ」ことも必要だと思います。

「こんなふうになりたい」
「こんな住まいにしたい」
「こんな暮らしにしたい」

というゴールのイメージがあれば、動きやすいです。

私は好きなインテリアやライフスタイルに憧れるモデルさんの切り抜きをノートブックにして、いつも眺めてはモチベーションを維持していました。

受験生が「絶対合格!」と紙に書いて壁に貼るように・・・こんなふうになる!と明確なゴールを自分の中で設定できれば良いですね。

広告

とにかく動く、忙しくする

通信講座を受講したりノートブックを作ったりと、これまで私がやってきたこともご紹介しましたが、とはいえ、

いくら片付けのノウハウを学んだりイメージを膨らませても、それだけではやはり意味がありません。

行動して実践して初めて役に立つことなので、最初に戻りますが、とやかく言わずに動くこと、これに尽きますよね。

どうしてもひとりでは動き出せないときは、整理収納サービスのようなサポートサービスもありますので、人に頼ってみるのも立派な一歩だと思います。

とにかく動く、忙しくする!

過去の私に伝えたいメッセージでもあります、ぜひがんばってみてください。

 

メールレター読者(無料)にご登録いただくと、講座やイベントの特別なお知らせや限定コンテンツなどお届けいたします。

今だけ!ご登録2大特典小冊子
▶すっきり暮らすための「片付く仕組み」3ステップ講座
▶子どももできる!親子で取り組む片付けのコツ

※メールレターは無料です。
ご登録時に自動返信メールが届かない場合は、
受信設定をお確かめいただくようお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

代表プロフィール

月別

テーマ

さかたちあき公式LINEアカウント

友だち追加