片付けのきっかけ作りをお手伝い、キープできる片付く仕組みのご提案

menu

広島-片付け・整理収納アドバイザーさかたちあき「快適暮らし舎」

    1. 片付け苦手な「捨てない人」

    2. 物には「適量」と「捨て時のタイミング」がある

    3. キッチングッズで考えてみよう

    4. まとめ

片付け苦手な「捨てない人」

わが家の片付け苦手な主人は、とにかく「捨てない人」なのです。

「捨てない」というのは、「捨てることができない」のではなくて、「捨てることに気付かない?捨てる行為が面倒くさい?」らしいです。

例えばレシートとかチケットの半券とか何かの空き箱とか、明らかなゴミもカバンの中に入れたままだったり、棚の上にポンと置いていたりします。

棚に置くのとゴミ箱に入れるのとは、たいして労力も変わらないだろうに、なぜ捨てない???と私的には不思議なのですが、

なんとなく取っている・・・とでも言いましょうか。

そんな感じなので、「もうこれは捨てていいんじゃない?」と私から提案すれば「ああ、そうだね」と返ってくるのですが、

古くなった持ち物を自分から「捨てる」という判断をすることがめったにありません。

私が気づかないでいると要らない物もずっーと置いたままなので、時々は主人の持ち物もチェックしておかないと、クローゼットには穴の開いた服が入っていたり下駄箱にはカビがきたり合皮が剥げた靴が眠っていたりします。笑

物には「適量」と「捨て時のタイミング」がある

最近はいろいろな片付け法が謳われていて、「捨てない片付け」とか「物が多くても収納術でスッキリ!」みたいな見出しを目にすることもありますが、

やはり「要らない物」や「もう使わない物」は捨てることから始めないことには、どうにも片付きません。

残しておいて良いのは、いま使っている物と、自分(家族)にとって本当に必要な物だけです。

物には、「適量」と「捨て時のタイミング」があります。

物の適量は各家庭によって異なりますが、形ある物はいつかは劣化したり壊れたりするものなので、捨て時のタイミングを見ながら、持つ量を決めておけば良いのです。

キッチングッズで考えてみよう

例えば、わかりやすく、どの家でも共通なキッチングッズについて考えてみましょう。

クライアント様の家にキッチンの片付けサポートに伺うと、紙コップや紙皿が大量にストックされていることがよくあります。

紙の物はかさばるので、それだけで収納棚の一部を占拠してしまっているのです。

紙は、長期保存すると虫がわいたり、意外と劣化しやすいとご存じですか?

開封した後、何か月も使っていないようであれば、たとえ未使用でも捨てるタイミングです。

このことから、適量は、ストックはなるべく持たず必要な分だけ購入するのがベストだと考えられます。

また、保存容器も、使いきれないくらい大量に何十個も所有されているお家が実際ほんとに多いのです。

わが家の保存容器は、耐熱性ガラスの容器が大2個、中2個、ホーローのものが3個、あるだけです。

私がプラスチックが好みでないということもあるのですが、耐熱ガラスのものはグラタン皿として代用したり、ホーローのものも食器代わりにそのまま食卓に出したりするので一石二鳥です。

冷蔵は食器を使ったり、冷凍保存にはポリ袋なども活用すれば、数を減らすこともできますね。

プラスチックの保存容器は、黄ばんだり、食品のにおいがついたものは落ちないので、捨てるタイミングです。

この機会に一度、古くなったものは見直して、ご家庭の「適量」をぜひ考え直してみてくださいね!

まとめ

・すっきり収納を保つためには、不必要なものを持ちすぎないことが大切。

・「捨て時のタイミング」を逃さず、「適量」を維持していきましょう♪

不要品の見極め方については、こちらの記事も参考にしてみてください^^

⇒捨てる物が選べない!あなたへ

 

すっきり暮らすための片付く仕組み3ステップ!5日間の無料メール講座


整理収納アドバイザーさかたちあきです。


「片付けたいけどなかなか行動にうつせない」

「散らかりがちでストレスを感じている」

「ライフスタイルに合わせて収納を工夫したい」

「居心地よい住まいですっきり過ごしたい」


そのように感じている方は、これからご紹介していく“片付け術“がきっと役に立つと思います。


普段私たちが何気なく行っている“片付け”にも、実は理論がありコツがあります。


それは誰もが取り組むことができる簡単なコツなのですが、多くの方が、意外と意識してこなかったようなことです。


その秘訣をご紹介するために、無料メール講座を作りました。


1通目:はじめに

2通目:初動が肝心仕組み作りのファーストステップ

3通目:すっきり片付くだけじゃない!+αが手に入る片付けの方法

4通目:「片付く仕組み」でキープできる、リバウンドしない収納を作る

5通目:片付く仕組み実践編


3ステップで住まいを整える方法を、コラム、音声、ワークを交えて、5日間のメール講座でお届けします。


ご登録は無料です。

不要な場合は、解除リンクからいつでも解除できます。


どうぞお気軽にご登録ください。

VPS-NEO

無料メール講座を受け取る

名前
メールアドレス

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト運営者プロフィール

整理収納アドバイザーさかたちあき

片付けられなかった自身の経験から一念発起し、整理収納・片付け術を学び始めました。

2016年整理収納アドバイザー1級資格を取得し、現在は片付けのプロとしてお仕事をしています。

元保育士、現役子育て主婦でもある、和やか整理収納アドバイザーが贈る心が和む片付け術で“わが家の快適ライフ”を実現します!

⇒プロフィール詳細・活動実績はこちら

月別