片付けのきっかけ作りをお手伝い&「片付く仕組み」のご提案

menu

片付け収納「快適暮らし舎」|広島 整理収納アドバイザーさかたちあき

    1. 食器収納は実用性重視でコンパクトに!

    2. 必要な食器を厳選する

    3. 食器をグループに分ける

    4. 収納グッズを上手に使う

    5. まとめ

食器収納は実用性重視でコンパクトにまとめよう!

キッチンは、収納の方法次第で家事効率も大きく変わる、実用性が重視される場所です。

その中でも、食器の収納に困っているという声は少なくないようです。

大容量の食器棚にたくさんの食器・・・

ぜひ、使いたいときに使いたいものがすぐに取り出せるように、食器収納も実用性重視でコンパクトにまとめましょう!

必要な食器を厳選する

収納法を考える前に、もし何年も使っていない食器が食器棚の奥に眠っているようであれば、
まずは必要な食器を厳選することから始めてみてください。

中にはお好きな食器をコレクションされている方もいらっしゃいますよね。
そういったものは、個人の暮らしを豊かにするものですので、今回の断捨離では対象外です。
飾り棚を用意して、日常使いの食器とは別にインテリアの一部として楽しまれるのも良いですね♪

それら以外の、日常使っていない食器から減らしていきましょう!

減らす、もしくは捨てる対象の食器は、
1.明らかに使っていない食器
2.欠けている、汚れている食器
3.使いにくい食器、重い食器
などです。

欠けている食器は、風水で運気が下がるといわれているそうです。
上記のような食器類は、もう使命を終えているのです。
いさぎよく手放されることをおすすめします。

私はある時期、思い切って気にいらない食器類をまとめて処分しました!
そして、洗いやすい、軽くて扱いやすい、電子レンジでも使えるなどの条件で、厳選して揃えるようになりました。
炊事をするときにすごくラクで、気分も違いますよ。

食器をグループに分ける

食器を棚に収めるときには、グループごとに分けて、大きさや形がそろっているものは重ねてコンパクトに収納してみましょう。

グループごとの例としては、
1.来客用 2.大皿 3.カップなど 4.日常使いの食器 5.お椀など 6.子ども用 7.調理小物
などに分けられるでしょうか。

わが家ではこの他にも、プラスチックのお皿、木のお皿、と分けて収納しています。

収納グッズを上手に使う

コの字ラック(ワイヤーラック)で棚を区切れば空間を広く使え、食器をたくさん重ねることもできます。

大皿は、ディッシュスタンドや深めのケース(ファイルボックスなど)を使って、立てて収めると出し入れがしやすく便利です。

まとめ

分けてまとめて、コンパクトに収納することで、どこに何があるのか把握しやすく、使う時にはすぐに取り出せる食器収納の完成です!

実用性重視で家事ラクへの道♪試してみてくださいね。


週3回配信中のメールマガジンでは、私の生活を一変させてくれた
片付けの手順や方法、知恵、アイデアを惜しみなくお届けしています。
特別なご案内やお知らせも、メルマガからぜひチェックしてくださいね!

▼無料メルマガ詳細はこちらから▼

https://seirishuno-sakata.com/mail/


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)