広島・廿日市の 片付け/収納/整理収納/整理整頓 サービス さかたちあき

menu

広島 片付け「快適暮らし舎」整理収納アドバイザーさかたちあき

衣類管理がスムーズで、ラクにコーディネートが決まる!クローゼット収納量

  1. クローゼット収納について

  2. 手持ち服が必要以上にあふれてしまっていませんか?

  3. 収納適正量の決め方

  4. クローゼットの最大収納数の目安とは!?

  5. 実例【動画】

クローゼット収納について

整理収納アドバイザーさかたちあきです。

現在NHK文化センター広島にて開講中の片付け術講座、6月のテーマは“クローゼット”なんです。

受講生様に、「6月はクローゼット講座ですが、クローゼット収納で気になっていることはありますか?」と前回お尋ねしたところ、それぞれ顔を見合わせて「(手持ちの)洋服が多すぎて・・・」と苦笑いされていました。笑

ショッピングやファッションが好きな方であれば、なおさら手持ちのお洋服はたくさんあるかもしれませんね。

そうでなくても、衣類は増えやすく減らしにくいアイテムです。

手持ち服が必要以上にあふれてしまっていませんか?

きちんと管理できていれば特に問題ないのですが、これが必要以上に増えてくると何を持っているのかわからなくなり、せっかくのお洋服も活用できなくなってしまいますね。

私もあまり考えずに無計画に買い物していた頃は、たくさん衣類はあるはずなのに、いざ出かける時になって「着ていく服がない!」と慌てることがよくありました。

それに、クローゼットに衣類がギュウギュウに押し込まれている状態では、シワになったり風通しが悪かったり出し入れが負担になったりで、衣類の傷みも早くなってしまいます。

結果、無駄な買い物は増えるし身支度もスムーズではなくなり、デメリットが多いです。

収納適正量の決め方

では収納適正量は?というと、これはそれぞれのライフスタイルによって異なりますので、一概には言えません。

ですが、増えやすいものに対しては、収納するスペースを限定してそこに入る分を適正量とする=スペースから適正量を絞る!決め方があります。

「クローゼットに入る枚数しか持たない」、クローゼットがいっぱいになったら、新しい服を購入するときは古い服から処分するというルールを持つ方法です。

決めた適正量を守ることで、衣類が増えすぎて片付かない!という悩みはなくなります。

クローゼットの最大収納数の目安とは!?

さて、「クローゼットに入る枚数」とはいっても、先に書いたように、中がギュウギュウパンパンではデメリットが多すぎてあまり意味がありません。

そこで、管理しやすい最大収納数の目安をご紹介します。

数字で言うと、収納スペースの80%を適正量と考えます。例えば、バーにかける服の最大数の目安は、「バーの長さ÷3㎝」です。

左右に動かせるくらいの余裕があれば、ギュウギュウでシワになることも出し入れが負担になることもありません。

常に持っている服が見わたせる状態なので、コーディネートの時間も短縮できます。

実例【動画】

数字で考えても収納イメージがピンとこないかも?と思ったので、80%収納実例を動画にしてみました。

私のクローゼット例が、管理しやすい収納量目安の参考になれば幸いです。

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー