片付けのきっかけ作りをお手伝い、キープできる片付く仕組みのご提案

menu

広島 片付け「快適暮らし舎」整理収納アドバイザーさかたちあき

  1. 服の整理で衣替えに労力を使わなくなる
  2. クローゼットのリセット方法
  3. まとめ

服の整理で衣替えに労力を使わなくなる

衣替えの時期に、クローゼットをリセットしておくと、後の衣類管理がラクになります。

私は今回ご紹介する方法で、定期的に手持ち服の整理を続けてきたおかげで、

今は、衣替えや日々の身支度に手間や労力を使うことはすっかりなくなり、
衣類の収納に困ることもなくなりました。

押し入れやクローゼットの中にオフシーズンの服を詰め込んで、衣替えの時期は衣類の入れ替えをする…
という方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも私のおすすめは、オールシーズンの服をすぐに出し入れできる状態に収めておいて、
“衣類の入れ替え”は行わない収納方法です。

ひとつひとつ蓋を閉めて、重ねるような衣装ケースは使いません。

1.ケースを引き出して
2.積みあがっているケースをどけて
2.蓋をあけて
3.衣類を入れ替えて
4.またしまう…
と、服ひとつ取り出すだけでもひと苦労です。

オフシーズンの服であっても、すぐに使えるように引き出しケースに入れたり、
ハンガーに掛けて収納しておくと、衣替えに労力を使うこともなくなり、ラクになりますよ!

この機会に、ぜひクローゼットのリセットをしてみましょう。

いっぺんに出来なくても、季節の変わり目に少しずつ服の整理を続けていくと、
そのうち衣類の収納に困らなくなり、服に迷う時間も管理する手間もなくなって快適になります。

クローゼットのリセット方法

衣替えの時期の衣類整理の手順を説明します。

①整理したいクローゼットの中に入っている衣類を「全て出してみる」

②そのうち、クローゼットに戻していいのは、「いま着ている服」だけです。

—残りの服を仕分けします!—

③着ないけれど「気にいっている服」は、再利用の方法を考えて行き場を決めてくださいね。
リメイクして違う形に作りかえる方法もあります。

「もう着ない服」は、置いておくだけでスペースの無駄になってしまいます。
潔く手放しちゃいましょう!状態のよいものは、売ったり譲ったりするのも良いですね。

「処分に迷う服」は、ケースや袋にひとまとめにして、別の場所に保管します。
保管期間は1年間です。1年間1度も開けなかったら、その時はまた気持ちが変わっているかもしれませんね。

せっかくの機会ですから、1年に2回はクローゼットの見直しを行いましょう。

まとめ

ぜひ衣替えの時期にクローゼットをリセットして、すっきりクローゼットをめざしましょうね!

▼こちらの記事も参考にしてみてくださいね▼
片付かない服の整理方法-1 クローゼット収納を工夫してみよう


〈片付け術〉無料メールマガジンご案内


過去に片付けられなかった私が実践し、家族にも喜んでもらえた「片付く仕組み」作りの手順や方法をお届けします!

リバウンドしない片付けが実現できれば、時間や心にもゆとりが生まれます。


無料のメール講座ですので、お気軽にぜひこちらからチェックしてみてください
↓↓

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー