片付けのきっかけ作りをお手伝い、キープできる片付く仕組みのご提案

menu

広島 片付け「快適暮らし舎」整理収納アドバイザーさかたちあき

    1. クローゼットうまく使えていますか?

    2. 造りつけクローゼット使用例

    3. クローゼット収納のコツ

    4. まとめ

クローゼットうまく使えていますか?

お部屋に造りつけのクローゼットはありますか?
あるとしたら、どのように使っていらっしゃいますか?

わが家の収納を例に、収納のコツについてご紹介します。

造りつけクローゼット使用例

わが家では、日常服は、クローゼットルーム(個室)の整理タンスに収納しています。

整理タンス以外に造りつけのクローゼットもあるので、そこには日常服以外のものを全て収めるようにしました。

家族3人分のアウターやスーツ、ドレス、オフシーズンの仕事着や子どものおさがり服、リネンやカバンなどです。

全て収めるといっても、無理に詰め込んでしまっては出し入れしにくいですし、衣類を傷めてしまう可能性もあります。

取り出しやすく片付けやすく、中に入っているものができるだけ見渡せるように収納しましょう。

クローゼット収納のコツ

①奥行きがある場合は、奥から引き出せるケースを使うと、出し入れに手間がかからない。
②奥のものの手前に物を置くときには、手前をキャスター付きの可動式にすると楽に出し入れができる

③上段は、収納ボックスを使って、収めたいものを種類別にまとめておく。
同じ種類のボックスを並べれば、ざっくりとまとめるだけの収納でも整ってみえる。

さらに、ラベル表示をしておくとどこに何が入っているのかすぐに把握できるので便利!

(ちなみにわが家では、フェローズのバンガーズボックスに、子どものおさがり服をサイズ別に収納しています)

④突っ張り棒を活用すれば、服飾小物をすき間にも収納できる!

クローゼットの脇に、突っ張り棒で日常使いのカバンの収納スペースを作りました。

整理タンスには入らないし、つい出しっぱなしにすることもあったので、これは便利になりました♡

まとめ

いかがでしょうか?
収めたいものによっては収納法も違ってきますが、奥行きやすき間をうまく使って、出し入れしやすい収納を心がけましょうね!


〈片付け術〉無料メールマガジンご案内


すっきり片付く仕組み作りの手順や方法をお届けします!

リバウンドのない片付けが実現できれば、時間や心にもゆとりが生まれます。


無料のメール講座ですので、お気軽にぜひこちらからチェックしてみてください
↓↓


 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー