片付けのきっかけ作りをお手伝い&キープできる「片付く仕組み作り」のご提案

menu

片付け収納「快適暮らし舎」広島|整理収納アドバイザーさかたちあきHP

  1. 捨てる物が選べない!

  2. なぜ物を減らす必要があるの?

  3. 必要と不必要を判断する目安

  4. まとめ

捨てる物が選べない!

物を減らせない・・・
捨てる物が選べない!
必要な物と不必要な物が見極められない!

実は多くの方から寄せられるお悩みです。

「今使っていなくて今後も使う予定がない物が、”不必要な物”です」とお伝えしても、実際には判断が難しかったりするものですよね。

そこで、処分対象の物が判断できるある方法を伝授します!

捨てる物が選べない!というあなたは、ぜひ最後まで読み進めてみてくださいね。

 

なぜ物を減らす必要があるの?

シンプルライフって、物が無い暮らしではなくて、
自分にとって必要な物だけが厳選されて、気持ちが満たされている暮らしだと思います。

私はずっとそんな暮らしを目指して自宅の片付けを続けてきました。
物置部屋がある住まいでは、なかなかモヤモヤって晴れませんよね。

そうやって取り組んできた結果、現在の暮らしや住まいに私的にはとても満足しています。
それは、物理的な満足感ではなく、精神的に満たされた満足感です。

もし今、物で溢れてしまった部屋があってモヤモヤしているとしたら、
まずは足りないスペースの確保に悩む前に、
本当に必要な物かどうか、一つ一つ判断していくことから始めて下さい。

なぜなら、部屋が片付かない一番の原因は、やっぱり不要な物を抱え込んでいるケースがとても多いからなんです。

自分にとって不必要な物がわかっているなら、あとは行動するのみです!
シンプルライフに憧れているなら、一歩を踏み出したいところですね♪

では必要な物、不必要な物・・・は一体どうやって見極めるのでしょう?

必要と不必要を判断する目安

判断に迷ったら、下記の図を参考にしてみてください。
持ち物をABCDのいずれかに当てはめて考えることができます。

全ての持ち物は、

A・とても良く使う、気に入っている
B・今は使っていないが「必ず」使う
C・迷子になっている、忘れている、扱いに困っている
D・破損している、使えない

といったABCD4つのいずれかに分類されます。

このうち、CとDが、処分対象です!

たとえば、「壊れていないけど全く使っていない電化製品」や
「気に入っていたけどどこにいったか忘れてしまっていた雑貨」などは
ABCDのどこに分類されるかわかりますか?

また、CやDに分類される物の目安として、『1年以上使っていない』というのも、判断材料になります。

衣類に例えると、とてもわかりやすいです。

今シーズン、一度も袖を通さなかった服は処分対象です。

またいつか着るかも・・・は一時的な感情なのです。
今年一度も着なかった服は、今後もおそらく着ることはありません。
来年は来年で、また新しい服が欲しくなったりしますしね。

まとめ

まずは季節物の持ち物を見直してみるのはいかがですか?

今シーズン一度も使わなかった物は、思い切って手放されることをオススメします。
慣れてきたら、徐々に家中の不要品も判断していってくださいね。

家族の物ではなくて、自分の物から判断しておくことがポイントです。

要不要の判断は思った以上に気持ちをそがれ疲れる作業ですが(汗)、
物を動かして見た目だけを整える片付けよりもずっとスッキリしますよ!

整理収納のファーストステップです。
ぜひ頑張ってみてください☆


週3回発行の無料メールマガジンでは、
私の生活を一変させてくれた片付けの方法、知恵、アイデアなどを惜しみなくお伝えしています。
特別なご案内やお知らせもメルマガから致します。

▼無料メルマガ詳細はこちらから▼

https://seirishuno-sakata.com/mail/


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)