片付けの基本

実は、物を捨てる時の判断基準は「必要か?不必要か?」ではありません!

整理収納アドバイザーさかたちあきです。

今回は、片付けたいけれどやっぱり物が捨てられないので、あいかわらず物が多く片付かない、という方へのご提案です。

物を捨てる時の判断基準は…?

「捨てられない」という方はたくさんいらっしゃいます。
片付けたい気持ちはあるのに・・・それでもやっぱり物が減らせない!という方。

そんな方に向けての発信はこれまでも、

  • 物を捨てる前に、「もったいない」という判断基準を捨てましょう!
  • 要・不要の判断は(高かったから…)という過去形や、(いつか使うかも…)といった未来形ではなく、(今現在使っているかどうか)の現在形で考えましょう!

などと発信してきましたが、今回はもう少し分かりやすいご提案です。

なかなか捨てられない方は、ひょっとしたら物を捨てる時の判断基準が「必要か?必要でないか?」になっていませんか?

実は、それではなかなか物を手放すことはできません。

だってご自宅の中にあるものは、これまで「必要」と思って残してきた物ばかりなんですから、「必要?不必要?」の考え方では「やっぱり必要!」となってしまうんです。

そうではなく、物は「使っているか?使っていないか?」で判断します。

あっさり捨てられる魔法の呪文

整理収納サービスの現場でも、アドバイザーは必ず、ひとつひとつの物に対して「使っていますか?使っていませんか?」と質問するんですよ!

そうすると、持ち物の大半は「使っていない」物だということに気が付くはずです。

私たちが必要として日々使っている物って、所有物の2割程度だと言われています。

残りはすべて、使っていない物です。

使っている物と使っていない物に分けることができたら次に、「使っていない」物の中から、「この先も使うことのない」物を選んでいってみてくださいね。

「使っていない」「この先も使うことはない」ということが見えれば、なんだかあっさり捨てられるケースが多いのです!

ですから、整理収納アドバイザーは、片付け現場では決して物を捨てることを強制したり、要不要の判断を勝手にすることはないのですが、「使っていますか?使っていませんか?」の言葉を多用しています。笑

おかげで、どんなに「捨てられない」「片付かない」とおっしゃっていたお客様のお宅でも、毎回サポートでは車いっぱいの不用品を回収して帰るのです。

もちろん、自宅がすっきりしてお客様にも大変喜んでいただいています。

「使っている?使っていない?」は私にとってはけっこう魔法の呪文なので、皆さんも片付けの時にはぜひ活用していってくださいね!

片付く仕組み作りの3ステップ 【簡単ワーク付き】
片付かない毎日にうんざり!すっきり快適な暮らしを目指したいあなたへ
シンプル生活始めよう!暮らしが変わる、片付く仕組み作りの3ステップ
【簡単ワーク付き】PDFテキストを応募者全員に無料プレゼント中です!

 

合わせて読みたい記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です