片付けの基本

片付いた部屋を維持するための原則

整理収納アドバイザーさかたちあきです。

お客様が来る!と慌てて部屋を片付ける・・・よくあることだと思うのですが、その時せっかく部屋を整えても、またしばらく来客がなければすぐに散らかってしまったことはありませんか?

整理収納は、片付けた直後だけ過ごしやすくても意味がなく、その状態を維持できることが大切です。

今回は、きれいな状態を維持するための意識の持ち方について考えてみます。

片付いた部屋を維持するための原則

整った状態を維持するためには、「いつも使いたいものがすぐに取り出せ、使ったものが簡単に元の場所に戻せる」ことが肝心です。

そのためには、インテリアや見た目の美しさよりも「わかりやすく、手間がかからない」ことが優先だと考えています。

とはいえ、常にモノを出しっぱなしというわけにはいきませんので、取り出しやすい収納の仕組みをつくっておく必要があります。

まとめると、片付いた部屋を維持するための原則は、

  • 使いやすく、戻しやすいこと
  • 分かりやすく、手間がかからないこと

そのために、

  • 取り出しやすい収納の仕組みが大切

だということになります。

取り出しやすい収納の仕組み

取り出しやすい収納の仕組みを考えるときに要となるのは、そのものを出し入れするための「動作数」だと思います。

取り出すまでに手間がかかる収納だと、その分片付けるときもつい面倒になってモノを放置してしまいます。

これが、片付かない原因です。

そして、そのような習慣を変えるのは仕組みです!

動作数を少なくするためにわが家では、

  1. 生活動線に沿った収納場所を考えること
  2. 開閉が複雑な収納用品を使わないこと
  3. 取り出すときの身体的負担を減らすこと

などを心がけるようにしています。

収納を維持する意識の持ち方

特にうちの夫や子どもは片付けが苦手なので、少しでも面倒だと感じたらすぐにモノを放置してしまいます。

できるだけ動作動線を少なくして、負担なく片付けができるような収納場所や収納方法を取り入れているのですが、家族の様子を見ながら適宜模様替えをすることもあります。

収納は常に使いやすい状態になっていることが理想なので、一度決めた場所でも、家族の意見やライフスタイルの変化によって見直していくことも必要ですね。

みんなが気持ちよく過ごしていけるように、これからも楽しみながら片付けを続けていこうと思います。

片付けルーティン動画

そんなわが家の、モノを放置しまくる片付け苦手な夫、平日の仕事帰り、帰宅後の片付けルーティン動画を撮影してみました。

収納を考えて夫に合った仕組みをつくっているつもりでしたが、客観的に見てみるとまだ改善の余地はありそうです。

 

そして、こちらは私の平日仕事帰り、ナイトルーティン動画です。
出先から持ち物を片付けて家事をする様子などご紹介しています。

 

何かご参考になることがあれば幸いです。
よかったらご覧になってみてくださいね。

ABOUT ME
さかたちあき
片付けのきっかけ作りをお手伝いし、片付く仕組みをご提案する整理収納アドバイザー。 家を整えることが生活をしていくうえで心身共に快適に暮らせることを発信しながら、片付けのサポートサービスなどを行っています。 詳しいプロフィールはこちら
快適な暮らしをつくる片付けメールレッスン

片付けのコツや快適な暮らしづくりのヒントをお届けする無料メールレッスン。

シンプルに暮らすための片付け術や整理収納ノウハウ、お得な情報も配信中!

片付かない毎日にうんざり!すっきり快適な暮らしを目指したいあなたへ

シンプル生活始めよう!暮らしが変わる、片付く仕組み作りの3ステップ
【簡単ワーク付き】PDFテキストを今なら無料プレゼント中です!
合わせて読みたい記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です