片付けのきっかけ作りをお手伝い&キープできる「片付く仕組み作り」のご提案

menu

整理収納アドバイザーさかたちあきHP/片付け収納「快適暮らし舎」広島

倉庫には「コの字収納」と「余白」を取り入れて下さいね

  1. 倉庫には「コの字収納」と「余白」を取り入れよう!

  2. 倉庫の使い方について

  3. 「コの字収納」の実例

  4. 収納の「余白」は便利!

  5. まとめ

倉庫には「コの字収納」と「余白」を取り入れよう!

倉庫や納戸にはとりあえず置場があるからって、考えなく物を入れてしまっていませんか?

それって後々大変な労力を使うことになってしまいますので、

必ず「コの字収納」と「余白」を取り入れて下さいね~

倉庫の使い方について

今回、(そうだ!このことをお伝えしておかなくちゃ!)と思ったきっかけは、”子供会の廃品回収”でした。

廃品回収といえば、活動費を捻出する子供会の中でも貴重な行事です。

子どもの人数も年々少なくなっていますし、会費と補助金だけでは、なかなか自由な活動ができません。

廃品回収やバザーを企画して、少しでも収益を上げたいところです!

そこで、これまで子供会員だけでこじんまりとやっていた活動範囲を少し広げて、今回は地域にも積極的に呼びかけ、廃品回収への協力依頼をしてみました。

子ども会費が足りないアピールもしつつ(笑)数か月前からアナウンスして、当日までためてもらって廃品を出して頂いたところ・・・

びっくりするくらい、た~くさんの廃品が集まりました!!とても会員だけの力では運べない量で、夫に車を出してもらったくらいです!

皆さんに協力してもらえてとっても有り難かったのですが、同時に、こんなにたくさんの廃品を、一体お家の中のどこにためておいてくれたのだろうと??笑

古新聞や空き缶など、あなたのお家ではどこで管理していますか?
倉庫でしょうか?

倉庫といえば、

この廃品回収日に(台車が使いたい!)と思っていて、わが家にはなかったので、帰省した時に「実家にある使っていない台車を譲ってほしい」と母にお願いしたのです。

母が「倉庫にあるからちょっと待ってね!」と言ってから始めたことは、倉庫の中の物を一旦全て出す作業でした・・・

台車を当分使っていなかったので、倉庫の一番奥に眠ってしまっていたのですね。

台車1台を取り出すために、相当量の荷物を動かしまたそれを元に戻す作業、これにものすごく時間がかかってしまいました。

もう、ホームセンターに走って買いに行った方がラクだったんじゃないかと後悔したほどです。苦笑

もう一度言いますが、
倉庫にたくさん入るからって足の踏み場もないほど物を詰め込んではいけませんよ!!

「コの字収納」の実例

倉庫のような場所は、「コの字収納」を心がけましょう。

人が出入り出来て、全ての物の出し入れがスムーズに行える形です。

お客様宅の倉庫の片付けの実例で見ると、わかりやすいかもしれません。

左が詰め込んでしまって奥の物が取り出せない状態、右が「コの字収納」に整えた状態です。

N様宅

K様宅

このような状態であれば、台車1台を取り出すくらい、とってもスムーズなはずです!

収納の「余白」は便利!

ちなみにわが家には倉庫がないので、日頃は収集日まで階段下収納スペースで保管している廃品たちは、そこプラス数か月分押し入れの「余白スペース」に入れていました。

一時的な荷物を収めておきたい時など、収納に「余白」のスペースがあればとても便利です。

まとめ

倉庫に物を収めるなら、「コの字収納」と「余白」を取り入れること!

気を付けてみてください。

今度ゆっくり帰省したときは、実家の倉庫も片付けたいと思います☆


週3回の無料メールマガジンでは、
私の生活を一変させてくれた片付けの方法、知恵、アイデアなどを惜しみなくお伝えしています。
特別なご案内やお知らせもメルマガから致します♡

有料講座でしか聞けない特別な片付けのノウハウやメソッドもおすそ分け
▼無料メルマガ詳細はこちらから▼

https://seirishuno-sakata.com/mail/


コメントは利用できません。